お知らせ

トピックス

女性部で活動することは認知症予防にも
~女性部高梁主幹支部~

JA岡山厚生連(左)から講義を受ける部員

JA岡山厚生連(左)から講義を受ける部員

撮影日:平成30年4月19日  撮影場所:高梁市中原町

 女性部高梁主幹支部は4月19日、JA本店で第21回通常総代会を開きました。総代ら約30人が、事業計画や収支予算を協議決定。講演では、JA岡山厚生連の講師が認知症予防対策について「女性部で活動することは社会的接触なので、積極的に参加し楽しむことで認知症予防につなげよう」と呼びかけました。

 現在384人が、20年以上開いている男性料理教室やニュースポーツ教室などのほか、各支部ではJAの総合展示会で軽食を販売するなどJA運営にも積極的に参加しています。中嶌靖子主幹支部長は「JAの女性として研鑽を積み、今年も積極的に活動していこう」と呼びかけました。統括する生活部の小田弘人部長も「JAの役割を果たす上で女性の果たす役割、力は大きい。JAをよりどころとして仲間づくりの輪を広げていってほしい」と話しました。