お知らせ

トピックス

びほく農協桃部会、大河賞受賞
~びほく農協桃部会~

表彰を受ける小林部会長(右)

表彰を受ける小林部会長(右)

撮影日:平成30年3月26日  撮影場所:高梁市正宗町

 びほく農協桃部会は、高梁市で畜産・商工業・地域農業の振興に功績のあった個人・団体を顕彰する、大河賞の地域農業振興の部で受賞しました。所得安定を目指した値決め契約販売や通いコンテナ出荷での経費節減、次世代層へのPR事業が評価されました。

 部会は、「計算できる桃づくり」を目標に各品種の大きさ別に1玉あたりの単価を設定したJA全農おかやまと値決め契約販売で、安定生産での所得を確保し、生産者の意欲向上に努めています。生産者からも「明確で作りやすい。市場価格の影響も受けないため、毎年計算できる経営ができる」と好評です。

 より経営を安定させるため、生産者と選果場間で通いコンテナを採用し経費を節減。共同出荷体制の構築で、一元集荷をすることで選果基準が統一し徹底した品質管理を行っています。平成27年度からは次世代層へのPR事業として、地元幼稚園児などへ3月の桃の節句に合わせ、園児一人ひとりに桃の花を毎年継続して配布しています。

 小林三十二部会長は、「高梁川をモモの花で埋め尽くすくらい、岡山の伝統ある果実モモを今以上にびほく地域に広めたい」と今後に意欲を燃やしました。

 現在、清水白桃・紅清水・おかやま夢白桃などの品種を中心に、現在部会員87人・約13haで栽培しています。

びほくの桃についてはこちら