お知らせ

トピックス

女性部におせち作り学ぶ
~女性部フレッシュミズ~

牛肉の八幡巻きを女性部員から学ぶフレミズ会員(中央)

牛肉の八幡巻きを女性部員から学ぶフレミズ会員(中央)

撮影日:平成29年12月12日  撮影場所:真庭市上水田

 女性部フレッシュミズは12月12日、真庭市で女性部北房主幹支部の部員からおせち作りを学びました。部員と会員ら約15人が、「家の光」の記事活用をして牛肉の八幡巻きや五色なますのほか、栗きんとんやかまぼこの飾り切りに挑戦し、今年のおせち作りに意欲を燃やしました。

 とりわけ、栗きんとんに使ったサツマイモは、フレッシュミズの事業部であるママンのメンバーが今年栽培したもの。女性部員からは「このサツマイモは、普通のサツマイモなのに本当に甘い!」「甘いので、サツマイモ本来の味が楽しめる栗きんとんになった」と声が上がり、太鼓判を押しました。フレッシュミズの池永京子会長も「自分たちで作った野菜を喜んでもらえるのはとても嬉しく、やりがいを感じる」と胸を張りました。

完成したおせち

完成したおせち

 かまぼこの飾り切りでは、斜め切りを学ぶとともに松葉・うさぎに挑戦。普段学ぶ機会がないフレッシュミズ会員がほとんどで「この機会に学べたのは貴重。子どもたちも喜ぶので、これから挑戦したい」と笑顔を見せました。