お知らせ

トピックス

20年来続く人気の焼肉のタレづくり
~女性部巨瀬支部~

冷却作業をする部員

冷却作業をする部員

撮影日:平成29年12月2日  撮影場所:高梁市巨瀬町

 女性部巨瀬支部は12月2日、高梁市巨瀬町で毎年恒例の焼肉のタレづくりに挑戦しました。この活動は約20年来続く人気の活動で、この日も部員27人がショウガ・ニンニク・リンゴなどを使い約43リットルのタレを作りました。

 当時支部長を努めていた部員が、岡山県農業開発研究所で学び部員に広めたのがこの活動の始まりで、今も変わらず当時と同じレシピで仕込んでいます。同支部が作るこのタレは、口コミなどで反響を呼び、販売はしていないものの「買いたいほど、おいしい」「作り方を私たちの地域でも教えてほしい」という声があがるほど人気があります。

 部員は「野菜炒めや焼きうどんなどタレを使う料理には、必ずこのタレを使う」「料理の味が締まり、味に深みが出る」「手土産にするととても喜ばれる」と自信をみせました。