お知らせ

トピックス

考案者直伝3JA合同レインボー体操教室
~JAびほく女性部~

二村講師(左)の指導で体操を行う参加者ら

二村講師(左)の指導で体操を行う参加者ら

撮影日:平成29年10月27日  撮影場所:真庭市上水田

 岡山県のJAびほく、JA阿新、JAまにわは10月27日、JA共済連岡山の協力のもと真庭市の北房文化センターで3JA合同のレインボー体操教室を初めて開きました。JA女性部員・JA助けあい組織会員・JA職員など約100名以上が、レインボー体操考案者である二村ヤソ子さん指導のもと、特徴やポイントについて理解を深めました。特別な道具は必要なく、座っても寝ていてもできるこの体操に参加者は、「簡単なので継続できるかもしれない」と使っている筋肉を意識しながら実践。

 JA共済連が推進するこの体操は、誰もがいつでも、どこでも簡単に楽しめる体操として、JA共済が昭和58年に開発。組合員や地域住民の健康増進活動の大きな柱として位置づけ認知症予防・寝たきり予防・生活習慣病予防に利用することを目的に、JA女性組織を中心に全国へ普及拡大しています。

 二村講師は、「今やっと血液の時代がきたと感じる。内臓を強くするために毛細血管を増やすこの体操を学んで、寝たきり防止につなげてほしい」と呼びかけました。参加者は「カラダの中から動かすことを学んだ。若さと健康づくりのためにも、この体操を広め、明るく元気な県北の地にしていきたい」と笑顔をみせました。