お知らせ

トピックス

認知症予防・夏バテに最適な料理を
~JAびほく女性部津川支部~

松岡講師(右から2番目)の指導で調理を進める女性部員

松岡講師(右から2番目)の指導で調理を進める女性部員

撮影日:平成29年7月10日  撮影場所:高梁市津川町

 JAびほく女性部津川支部は7月10日、高梁市の高梁総合センターで地産地消料理教室を開き、部員ら20人が身近にある食材で「豆腐ごはん」など4品を調理しました。

 夏は清涼飲料やカラダを冷やす食材を取りやすくなる時期であると、JA岡山厚生連は指摘。その上で講師は「ショウガなどカラダを温める野菜を心掛けて加えることでカラダを冷やしすぎないようにしよう」と呼びかけました。

完成!

完成!

 さらに認知症予防には、「カラダを動かすこと」「料理を作って食べること」「会話すること」の三要素が重要です。女性部の料理教室はそれら全てを備えています。参加者は「意外な材料の組み合わせをした簡単な料理が学べる。料理を前に会話も弾むので、もっと多くの人に参加して楽しんでもらいたい」と話していました。