お知らせ

トピックス

夏バテを防止する料理を
~JAびほく女性部巨瀬支部~

松下管理栄養士(右から3番目)の指導を受けながら盛り付けする部員ら

松下管理栄養士(右から3番目)の指導を受けながら盛り付けする部員ら

撮影日:平成29年7月4日  撮影場所:高梁市巨瀬町

 JAびほく女性部巨瀬支部は7月4日、高梁市の横田生活改善センターで料理教室を開きました。部員ら20人が、夏を元気で過ごすため夏バテを防止する料理を学びました。JA岡山厚生連の松下眞子管理栄養士が、家庭にある野菜を使い「新じゃが芋のサラダ」「うなぎのまぜずし」など5品を教えました。松下管理栄養士は「家庭の食事にこのレシピを一品でも足して夏バテを防いでほしい」と呼びかけました。

 調理以外には、偏りがちな栄養バランスについて講義。日々の食事の中で忘れがちな三色食品群を図解で説明し、「長年の食生活は変えられないが、その上で何を足して引けばいいのか理解してほしい。バランスのよい食生活につながる」と促します。

 参加者は「旬の食彩の味を引き出し方がわかり、栄養バランスについて考え直す機会だった」と振り返りました。