お知らせ

トピックス

梅を使った加工品学ぶ
~女性部玉川支部~

下ごしらえとして梅のへたを取る部員

下ごしらえとして梅のへたを取る部員

撮影日:平成29年6月6日  撮影場所:高梁市玉川町

 女性部玉川支部は6月6日、高梁市の玉川地域市民センターで旬の梅を使った加工品作り体験教室を開きました。県農業開発研究所の職員を講師に招き、部員ら15人が青梅約8kgを使い、甘露煮加工に挑戦。調理方法だけでなく、加工品販売をするための品質表示方法や製造コストなどについても学びました。

 県農業開発研究所の現地加工指導を活用し、どの家庭にもある梅を使った加工品作りをしようと企画。参加者は「基本をしっかり学んで、今後の加工品作りに生かしていきたい」と話しました。同センター職員は「将来的には地域の活動として、地元産食材を使った加工品づくりに挑戦し、地域活性化につなげてもらいたい」と期待を寄せました。