お知らせ

トピックス

防災の意識 親子に指導
~女性部フレッシュミズ~

飯ごうでご飯を炊く参加者

飯ごうでご飯を炊く参加者

撮影日:平成29年6月3日  撮影場所:真庭市阿口

 女性部フレッシュミズは6月3日、真庭市のもみじ公園で初めて防災対策の野外学習教室を開きました。防災意識を高めようと、会員やその子どもら約30人が参加しました。

 講師は、真庭市北房地区でアウトドアを通して北房の魅力を伝え、地域興しに取り組んでいる北房アウトドアベース実行委員会の塩津和利代表と、地域おこし協力隊の岩本将弘さん(26)。

 新聞紙などを使った簡単なゲームで親睦を深め、お菓子作りや飯ごう炊さんを通じて火おこしの仕方や使い方、テント張りの方法を学びました。防災意識向上のため、この活動を継続していきます。

 池永京子会長は「楽しみながら防災の基礎的な部分を学び、子どもたちに大切さを伝えていくことが必要だ」と先を見据えました。