お知らせ

トピックス

農林中央金庫の新入職員が収穫の秋にJA研修

 9月26日から10月7日までの12日間、農林中央金庫 岡山支店から2名の新人の方を研修生として当JAに受入させて頂きました。みなさんとても素直で、元気に研修に取り組まれました。

 今回は連続12日間の研修で、ピオーネ・トマトの収穫期にもあたり、体力的にもきつかったと思いますが、農業の素晴らしさやJAびほくの良いところを吸収されたと感じています。現在2名の方はそれぞれの部署に帰られ、日々元気に頑張っておられるとのことで、当JAも2名の方のさらなる活躍を応援しております。今後も機会があればまたこの地を訪れて頂きたいと思います。

 今回ホームページ用に研修レポートの作成を依頼したところ、快く了承頂きました。研修生の方々の研修の感想を順番に掲載していますのでご覧ください。

○伊藤彰悟さん

伊藤彰悟さん

 私は本研修で2週間、JAびほくの方々にお世話になりました。信用・共済業務から始まり、選果場・集荷場業務、直売所での販売実習や葬祭業務、ガソリンスタンド業務、農業実習など、たくさんの業務を経験させていただきました。

 信用・共済業務では訪問日の外回りに同行させていただきました。1日で川上町の44戸の農家さんを訪問しました。農協職員の方の訪問を歓迎してくださる農家の方も多く、組合員とJAのつながりを感じることができました。一方で、1人暮らしをしている高齢の農家の方を見て、農業従事者の高齢化や農家をとりまく環境が深刻な問題であると感じざるを得ませんでした。

 直売所販売実習では商品の袋詰めや、品出し、レジ打ちなどの販売業務を体験させていただきました。まず驚いたのは、その来店客数の多さでした。一日にだいたい300人程度、土曜日など多い日は500人を越える来客があるとのことでした。また、約250~300の農家の方から仕入れがあり、地産地消の促進として地元学校給食のために作物を出荷している直売所もあるなど、地域に密着した業務であることを実感しました。

 農業実習では畜産農家の方の家にお世話になりました。牛への餌やりや、ライスセンターでの米袋の片付けなどをさせていただきました。まず何よりも、農業がいかに重労働であるかということを、身を持って体験できたことが良かったです。そして夜にはバーベキューとお酒をご馳走になり、貴重なお話を伺うことができました。中でも「給料をもらっている連中は毎日朝から夕方まで働けばお金がもらえるが、農家には時間もないし、収入ももらえるかわからない」という言葉が印象的でした。

 その他の業務も含め、本研修でJAが様々な分野で地域を支えていることを知ることができました。これから系統組織の一員として働く上で、本研修でお世話になった方々とどこかでつながっていることを忘れないということが、何よりも大切なのではないかと感じました。2週間、本当にありがとうございました。

○佐藤和也さん

佐藤和也さん

 9月26日~10月7日の間、JAびほくにて現地研修をさせて頂きました。関係各所の皆様には大変ご面倒をお掛けし、ご多忙のなか快く受け入れをして頂き、誠にありがとうございました。

 研修では、大きく分けて信用共済部門、経済部門、農家実習の3つの経験をさせて頂きました。

 まず、信用共済部門では農家訪問に同行させて頂きました。最初、訝(いぶか)しげな顔をされていた方でも「農協訪問日です」の一声で安心したような笑顔に変わる様子を見て、農協が如何に信頼されているかを実感できました。また、様々な相談をその場で受けておられるのを度々拝見しました。たとえ直接利益に関わる用事が無い場合でも、一軒一軒お宅を回る事で、農協を身近に感じて頂くという目的があるのだと感じました。

 次に、経済部門では選果場、葬祭、直売所、SSと多岐に渡る業務を経験させて頂きました。

 選果場(ピオーネ、トマト)では、日によって大幅に変化する集果量と、関係者との兼ね合いを鑑みて、出荷量等の対策を練るという大変難しい業務内容をお聞きしました。また、一日に何百ものダンボール箱を運ぶのは肉体的にもきつく、市場に出回るまでの苦労を体験できました。

 葬祭業務では、他業者よりも格安で葬儀が出来る理由やその業務の多忙さをお聞きしました。限られた人数で最大限のサービスを提供するという職員さんの意識の高さが印象的でした。

 直売所、SSでは地域の方々との繋がりの深さを体感しました。どのお客様も気軽に声を掛けて下さり、その購入額の多さから、如何に地域住民に喜ばれているかを実感できました。

 最後に農業実習では、肥育牛を飼育されている農家にお世話になりました。エサやり・農作業・自営のライスセンターの業務と、常に仕事が待っている状態を365日休み無く続けていかなくてはならない農家の繁忙さを体験させて頂きました。

 今回の研修では、今後自身が扱う資金が、どのような苦労のもとに成り立っているのかを知る為に、またJAの方々の視点に立った行動をする為に大変有意義な経験であったと感じます。この経験を今後の仕事に最大限活かしていきたいと思います。