お知らせ

ニュースリリース

びほくの夏秋ナス、出荷始まる

■集出荷場:JAびほく有漢総合センター

■場所:〒716-1321 岡山県高梁市有漢町有漢2447-15
0866-57-3225

 JAびほく管内の夏秋ナスが5月14日初出荷を迎えました。生産者が「筑陽」6kgを搬入し、契約先であるJA全農おかやまへ全量出荷しました。7月半ば頃に出荷最盛期を迎え、11月上旬まで出荷が続きます。

 中山間地に位置するJA管内では、水田転作・耕作放棄地を有効活用し、基幹品目ニューピオーネ・トマト・モモに次ぐ農業振興の柱として契約野菜栽培を位置付けています。夏秋ナスも、アスパラガス同様、労力の軽減のため日射制御型拍動自動かん水装置の導入を推進しています。

詳しくは左のPDFをご覧ください。

■概要

  • 出荷先:JA全農おかやまのみ(契約販売のため)
  • 生産者数/栽培面積:13人 / 約77a
  • 出荷時期:5月中旬~11月上旬
  • 出荷最盛期:7月中旬
  • 品種:「筑陽」
  • 栽培形態:露地栽培が中心。一部、ハウス栽培があり。
  • 初出荷日:5月14日(月)←昨年実績は5月17日。
    (*ハウス栽培の生産者が、加温をしたことや今年の気候が温暖であるためと予想される。)

■その他

  • 出荷の都合上、取材を希望される場合は次の担当者までご一報ください。
    (担当者)JA有漢総合センター 営農生産課 主任 渡辺 嘉己/080-2928-5881