お知らせ

ニュースリリース

Twitter開設記念!母の日はおばあちゃんに芍薬を贈ろうキャンペーン 開始

 JAびほくの特産「シャクヤク」が合計18人に当たるキャンペーン「Twitter開設記念!母の日はおばあちゃんに芍薬を贈ろうキャンペーン」を本日から開始します。期間は、5月6日(日)まで。 今回は、SNS・広報誌・応募フォームの部に加え、新たにぬりえの部を新設。キャンペーンを通じた地域農業の活性化はさることながら、次世代を担う園児と保護者に、遊び感覚でJA特産に触れてもらうことで、地域農産物とJAを身近に感じてもらい、自己改革のひとつである、地域の活性化に貢献していく方針です。母の日に、シャクヤクを孫から祖母に贈り、母の日の新たなイメージの定着につなげ、ホームページやSNSを通じてたくさんの人と共有することで、シャクヤクや産地について関心をもってもらおうと、昨年度からはじめ今年で2回目です。

詳しくは左のPDFをご覧ください。

■期間

平成30年4月2日~平成30年5月6日

■主催

JAびほく

■概要

〇プレゼント内容
JAびほく産の芍薬20本を各部門3名さまへ贈呈 Facebookの部/Instagramの部/Twitterの部 応募フォームの部/広報誌の部/ぬりえの部
〇応募方法概要
Twitter、Instagramのカウントをフォローし、#母の日はおばあちゃんに芍薬2018 をつけて、大好きなおばあちゃんとの思い出のエピソードや写真などを投稿するか、リツイートまたはリポストで応募完了。Facebookでは エピソードや写真などを投稿。
塗り絵の部に応募すると、広報担当のコメントつきでホームページに掲載。
〇産地概要
JAびほくは、40年以上の栽培の歴史があり、中国地方最大の芍薬の産地。現在、赤系の「華燭の典」「滝沢」、白系の「ラテンドレス」、ピンク系の「春の粧」「信濃の春」を中心に全13品種を約50戸の農家が約2.3haを栽培。年間約5万本を京阪神方面の市場を中心に出荷。